DVDの複製を業者に依頼した時に掛かる費用

最近増えてきているDVDコピーサービスですが、業者によって掛かる費用は様々なのが現状です。
多くの方はバックアップしたデータをDVDからDVDにコピーする事が多いと思いますが、バックアップの複製であればフリーソフトでも可能です。
しかし、プロモーションビデオや過去に撮影したVHSからの複製であれば、専用の機械を使用しないと画質が保てない可能性があります。
又、VHSであればアナログデータを一度デジタル化してから、複製する為、技術を要するのではないでしょうか。
一般業者であればDVDからDVDへのコピーはもちろんVHSからDVDへの複製も可能な業者もある為、媒体によって業者を選ぶように心掛けましょう。
では実際に業者に発注した場合にどのくらいの費用が掛かるのでしょうか。
例えばDVDからDVDの場合の基本料金は無料ですが、ブルーレイなどからデータを取り込む場合は1000円〜2000円の基本料金が必要になるケースがあります。
又、MPEGなどのデータやビデオカメラ持参の場合は3000円〜4000円前後の基本料金が必要になってくるでしょう。
更に、基本料金に加え時間によって料金が変動し、30分のデータであれば1000円前後、60分であれば2000円前後の費用が加算されます。
ftrtrs
、同じデータを2枚作成する場合は追加料金だけで済む場合がある為、1本単位で作成するよりは複数まとめて発注すると経費を節約する事が出来るのです。
しかし、上記の価格はあくまでも平均的な価格であり、業者によって費用は異なります。
過去に撮影した動画やパソコンのバックアップデータなどDVDの用途は多岐に渡りますが、傷が付いてしまい読み込みが出来なくなる事もしばしばあります。
又、データが破損していて読み込みが出来ないなどのトラブルも大いに考えられます。
このようなトラブルを回避する為にもDVDコピーしておくことでマスターテープが破損した場合でも安心出来るのではないでしょうか。
しかし、コピー出来るデータは自身で撮影した映像やバックアップデータなどです。
市販されているドラマなどのデータをコピーする事は著作権法違反になる為、例えお気に入りのものでも無断で複製しないようにしましょう。
最近ではDVDコピーを依頼出来る業者も増えてきておりますが、勿論市販されているDVDなどは引き受けてくれません。
DVDを複製する時に注意したい事は上記の事柄だけではなく、保存する時のフォーマットにも気を付けるようにしましょう。
フォーマットとは保存する時の形式であり、フォーマットには数えきれない程の数が存在します。
映像などであればMPEG、音楽であればWAV、複数データの圧縮ファイルであればZIPなどが一般的ですが、特殊に拡張子を使用したり読み込ませるソフトが非対応の拡張子を使用すると読み込めない場合があります。
以上のように、DVDコピーを行う際には著作権などの法律やフォーマットなどに気を付ける必要があります。ですので、自分でコピーをするよりは業者に頼んだ方が安心であり、DVDコピーのお見積り依頼お受けいたします。というふうに色々なサービスを利用するのもよいでしょう。
又、VHSで録画した過去のテレビ番組にも著作権がありますので、無断で複製しないようにしましょう。

新着情報

◆2015/08/01
DVDの複製を業者に依頼した時に掛かる費用の情報を更新しました。
◆2015/08/01
オーサリンクサービスについての情報を更新しました。
◆2015/08/01
コピー・依頼体制についての情報を更新しました。
◆2015/08/01
コピーできないものについての情報を更新しました。
◆2015/08/01
依頼の際に役立つ知識の情報を更新しました。